Column

マンションの住み替え手順は?
メリット・デメリットも解説

マンションの住み替えは、物件の売却と購入を同時に進める必要があります。
マンション住み替えのメリットやデメリット、住み替え手順を徹底解説します。

マンションの住み替え手順と流れ

マンションの住み替えには、売り先行と買い先行のパターンがあります。ここでは、それぞれの手順や流れ、メリット・デメリットなどを見ていきましょう。

売り先行の手順と流れ

売り先行とは、物件の売却を優先する住み替え方法です。具体的には、先に住んでいるマンションの売却手続きを済ませ、売却完了後に新居を購入する手順となります。

売り先行のメリット・デメリット

住み替えを売り先行で進めるメリットは、資金面や返済計画に余裕や確実性を持たせることができる点です。その反面、売却後に新居を探すため、仮住まいの準備や資金、引っ越し費用や労力が2度かかってしまいます。

買い先行の手順と流れ

買い先行とは、新居購入を優先させる住み替え方法です。具体的な手順は、先に新しいマンションの購入を済ませ、その後に住んでいた物件を売却する流れとなります。

買い先行のメリット・デメリット

買い先行は、住み替え先の新居探しに余裕が持てます。売却後も仮住まいが不要であり、引っ越し費用や労力も1度で済むことがメリットです。しかし、旧住居が想定した金額や期間で売却できず、資金面や返済計画に狂いが生じる可能性もあります。

マンションの住み替えのために動き始める時期は?

マンションを住み替える場合、売却を依頼する不動産会社選びの期間と販売活動にかかる期間が必要です。
不動産会社選びに1ヶ月、販売活動に6ヶ月、合計7ヶ月前を目安位に動き始めるようにしましょう。

マンションの住み替えのメリット・デメリット

ここからは、マンションの住み替えにおけるメリット・デメリットをご紹介します。

マンションからマンションへ住み替えるメリット・デメリット

マンションからマンションへ住み替える場合、集合住宅に住み慣れているため、物件選びに失敗しにくいメリットがあります。
逆に、管理費や修繕積立金の徴収、間取りの好みや収納スペースの狭さなど、集合住宅特有の問題から解消されない点がデメリットです。

マンションから戸建てへ住み替えるメリット・デメリット

マンションから戸建てに住み替えることで、前述した集合住宅ならではの問題から開放されるようになります。
ただし、住宅の管理・維持にかかる労力や費用、防犯性の低下、高齢化した際の住みにくさなどが、大きなデメリットになるでしょう。

住み替えで少しでも高く売却するためのコツ

マンションを住み替えするときに、所有する物件を少しでも高く売却するためには、いくつかのコツがあります。 ポイントは、物件を内覧する購入希望者から、不愉快な思いや悪いイメージを持たれないように努めることです。
以下のコツを押さえておけば、高値が付く可能性が期待できます。

  1. 室内の徹底した整理・整頓・清掃
  2. 基本的に物件の中をすべてオープン(閲覧可能)にしておく
  3. 購入希望者の内覧時は、できるだけ外出しておく
  4. ハウスクリーニングやホームステージングを利用する

信頼できる不動産会社を見つけるには?

住み替えには、不動産会社の存在も必要不可欠となります。
不動産会社を探す場合、必ず複数の業者に査定を依頼してください。それぞれの査定額をはじめ、広告や営業活動といった販売戦略、接客サービスなどを比較することができるからです。
また、過去の販売実績やマンション売却を得意とする業者か否かも大切なポイントになってきます。さらに、担当者の知識や経験といった能力、そして相性も信頼できる不動産会社を見つける選定基準といえるでしょう。

コラム一覧に戻る